Symfoware

Symfowareについての考察blog

PythonフレームワークPyramid 1.5のチュートリアル(pcreate)

FreeBSD 10.0にPythonフレームワークPyramidをインストールしました。
FreeBSD 10にPythonフレームワーク「Pyramid」をインストールする


Pyramid Tutorial for PyCon JP Sprint 1.0 documentation
こちらのチュートリアルを参考に進めていきます。


pcreateによるひな形の生成




# pcreate -t [ひな形の名前] [プロジェクト名]



で、プログラムのひな形ファイルが作成されます。

ひな形の名前には何が使えるのかな?と思い調べてみると、

Creating a Pyramid Project

・starter
・zodb
・alchemy
の3つが指定できるようです。



# pcreate -t starter bankaccount



を実行してみると、こんな階層が作成されました。

415_01.png


テンプレートエンジンは、デフォルトでChameleonが使用されるようです。
Chameleon


作成されたディレクトリに移動し、setup.pyを実行。


# cd bankaccount/
# python setup.py develop



これで必要なライブラリが一式インストールされます。
pserveでサーバーを起動してみます。


# pserve development.ini
Starting server in PID 1283.
serving on http://0.0.0.0:6543




ブラウザでhttp://[サーバーIP]:6543/を表示してみると、
デフォルトページが表示されました。

415_02.png

関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/05/19(月) 22:35:13|
  2. Python
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<PythonフレームワークPyramid 1.5チュートリアル SQLAlchemy | ホーム | ArchLinux(2014.05.01)にPostgreSQL 9.3.4をインストールする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1412-988f87fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)