Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu + Javaから、Symfoware V12(Openインターフェース)に接続する

Windows Server 2012 R2にSymfoware V12(Openインターフェース)をインストール。
外部接続を許可しました。

Windows Server 2012 R2にSymfoware V12(Openインターフェース)をインストールする
Symfoware V12(Openインターフェース)の外部接続を許可する

Ubuntu 14.04 + JavaからPostgreSQLのJDBCドライバを使用して
接続をテストしてみます。



JDBCドライバの入手



FreeBSD + PostgreSQL 9.3.2 にJavaで接続する
こちらの手順と同様です。

http://jdbc.postgresql.org/download.html
ここからJDBCドライバをダウンロードしておきました。




サンプルソース



サンプルは、PostgreSQLに接続する場合と全く同じです。
ただし、ポート番号はSymfowareのインスタンス作成時指定した
「26500」を指定します。


  1. import java.sql.Connection;
  2. import java.sql.DriverManager;
  3. import java.sql.ResultSet;
  4. import java.sql.Statement;
  5. public class MainProcess {
  6.     
  7.     public static void main(String... args) {
  8.         String master_url = "jdbc:postgresql://192.168.1.104:26500/sample";
  9.         try (Connection con = DriverManager.getConnection(master_url, "Administrator", "P@ssw0rd")) {
  10.             
  11.             Statement stmt = con.createStatement();
  12.             ResultSet rs = stmt.executeQuery("select * from test");
  13.             
  14.             while(rs.next()) {
  15.                 System.out.println(rs.getInt("id"));
  16.                 System.out.println(rs.getString("name"));
  17.             }
  18.         } catch (Exception e) {
  19.             e.printStackTrace();
  20.         }
  21.     }
  22.     
  23. }




実行してみると、あっさり動いてくれました。


1
日本語テスト






内臓のPostgreSQLのバージョン



PostgreSQLのバージョンを確認するクエリを実行してみます。


select version()



表示は「9.2.4」になりました。

411_01.png


PostgreSQLのhstore型や、JSON型も使えると思います。
関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/04/20(日) 22:46:50|
  2. 開発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<FreeBSD 10にPythonとeasy_installをインストールする(pkg install使用) | ホーム | Symfoware V12(Openインターフェース)の外部接続を許可する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1405-d00736fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)