Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 14.04でMinecraftのデータ移行と起動

Ubuntu 14.04を新規にインストールしました。

Ubuntu 12.04でプレイしていたデータをUbuntu14.04に移行。
Minecraftの起動を行ってみます。



データのバックアップ



Minecraftのデータは、ホームディレクトリの「.minecraft」フォルダに保存されています。
隠しフォルダなので通常は表示されません。

メニューの[表示] - [隠しファイルを表示する]にチェックをつけてやると表示されます。

406_01.png


Ubuntu 12.04をインストールしていた端末から、Ubuntu 14.04をインストールした端末の
ホームフォルダにコピーしておきました。






Minecraftの起動



まず、javaをインストールします。
Openjdkをインストールしました。


$ sudo apt-get install openjdk-7-jre




「java -version」を実行して、こんな表示になればインストール完了です。


$ java -version
java version "1.7.0_51"
OpenJDK Runtime Environment (IcedTea 2.4.6) (7u51-2.4.6-1ubuntu4)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 24.51-b03, mixed mode)




Minecraftを起動するためのプログラムを取得します。
MinecraftのページからLoginを実行します。
https://minecraft.net/

406_02.png


自分のアカウント情報を入力してログイン。

406_03.png


ログインしたらダウンロードボタンが表示されます。

406_04.png


Minecraft.jarをダウンロード。

406_05.png


ホームディレクトリに「minecraft」というフォルダを作成。
そこにダウンロードした「Minecraft.jar」を保存しました。

同じ階層に、「run.sh」を作成します。

406_06.png


ファイルの内容は以下の通り。


cd ~/minecraft
java -jar Minecraft.jar -Xmx1024M -Xms512M




実行権限を付与。


$ chmod +x ~/minecraft/run.sh




起動


$ ~/minecraft/run.sh




ちゃんとプロファイルやゲームデータも引き継げていました。

406_07.png

406_08.png
関連記事

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/04/20(日) 00:59:31|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Ubuntu 12.04からUbuntu 14.04へ新規インストールした時に行ったことのまとめ | ホーム | Ubuntu 14.04へWineのインストールと使い方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1401-a1a686dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)