Symfoware

Symfowareについての考察blog

SQL Server 2014 Expressの外部接続を許可する手順

Windows Server 2012 R2にSQL Server 2014 Expressをインストールしてみました。

SQL Server 2014 ExpressをWindows Server 2012 R2にインストールする
SQL Server 2014 Express ManageMent Studioの起動とデータベースの作成

別の端末から接続できるように構成してみます。


TCP/IP接続の有効化



Sql Server Configuration Managerで、TCP/IP接続を許可します。

393_01.png


[SQL Serverネットワークの構成] - [MSSQLSERVERのプロトコル]を選択。
右側の「TCP/IP」が無効になっているとつながりません。
ダブルクリックします。

393_02.png


「有効」を「はい」に変更してOK。

393_03.png


変更の反映には再起動が必要な警告メッセージが表示されます。

393_04.png


ツリーの[SQL Serverのサービス]を選択。
右側の「SQL Server(MSSQLSERVER)」を選択。

「サービスの再起動」ボタンをクリックします。

393_05.png


これでSql Server Configuration Managerでの設定は完了です。





Windows Firewallの設定



SQL Serverが通信で使用する1433ポートの接続を許可します。

サーバーマネージャーの[サービス] - [ツール] - [セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール]を選択。

393_06.png


右側の「新しい規則」をクリック。

393_07.png


新規の受信の規則ウィザードが開始されます。
「ポート」を選択して次へ。

393_08.png


TCP、1433番ポートを指定。

393_09.png


接続を許可します。

393_10.png


適用範囲は全てチェックを付けました。

393_11.png


適当に規則の名前をつけて完了します。

393_12.png


作成したルールが適用されました。

393_13.png


これで外部接続可能になります。






ODBCドライバによる接続テスト



Windows 7の端末でODBC接続を作成。アクセスできることを確認します。
「ファイル名を指定して実行」で「odbcad32」を実行。
「ODBCデータソース アドミニストレーター」を起動します。

システムDSNタブを選択し、追加ボタンをクリック。

393_14.png


表示されるリストの中から「SQL Server」を選択します。

393_15.png


データソースの名前を適当に入力。
サーバーは接続先のサーバー名、またはIPアドレスを入力します。

393_16.png


今回はSQL Server認証で接続することにしました。
SQL Serverのインストール時に指定したsaのパスワードを入力します。

393_17.png


規定のデータベースを作成した「sample」に変更しておきました。

393_18.png


システムメッセージを「Japanese」に変更して完了。

393_19.png


設定内容が表示されます。
念の為「データソースのテスト」をクリックします。

393_20.png


テストに成功しました。

393_21.png


黒猫SQLでクエリを実行してみます。
ちゃんと登録したデータが見れました。

393_22.png



ちなみに、TCP/IPの有効化やファイアウォールの設定を正しく行なっていないと、
ODBC接続作成時、こんなエラーメッセージが表示されます。

393_23.png



---------------------------
Microsoft SQL Server ログイン
---------------------------
接続できませんでした。:
SQLState: '01000'
SQL Server エラー: 1326
[Microsoft][ODBC SQL Server Driver][DBNETLIB]ConnectionOpen (Connect()).
接続できませんでした。:
SQLState: '08001'
SQL Server エラー: 17
[Microsoft][ODBC SQL Server Driver][DBNETLIB]SQL Server が
存在しないか、アクセスが拒否されました。

---------------------------
OK
---------------------------


関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/04/13(日) 22:20:16|
  2. SQL Server
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. | 編集
<<SQL Server 2014 ExpressにJDBCドライバでUbuntu + Javaから接続する | ホーム | SQL Server 2014 Express ManageMent Studioの起動とデータベースの作成>>

コメント

興味深く参考にしています。

興味深く読ませていただいております。windows8.1proにsqlserver2014expressを
インストールし、windows7proより接続させようとしているのですがodbcで、データソーステストを行ったのですが、SQLSERVERエラー:10060となってしまいます。
SQLSERVERCONFIGRATIONMANAGERにおいてSQLSERVERは再起動可能なのですが
SQLSERVERエージェントの起動などグレーアウトしていて、停止のまま起動出来ません。
このあたりが原因なのでしょうか?ご教授いただけると幸いです。
  1. 2014/06/13(金) 21:54:27 |
  2. URL |
  3. ルパン0320 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 興味深く参考にしています。

手元にWindows 8.1がないのでなんとも言えないのですが、
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb326282.aspx
ここを見る感じ、ファイアウォールの構成が疑わしいように感じます。

・一旦、ファイアウォールをオフにしてみる。
・ウィルス対策ソフトをインストールされているようでしたら、停止してみる。

などいかがでしょう?
  1. 2014/06/16(月) 20:16:09 |
  2. URL |
  3. symfo #-
  4. [ 編集 ]

有難うございます。

ファイアウォールをオフにするとSQLSERVERエラー:10061になりました。
SQL SERVER CONFIGRATION MANAGERでポート設定がしてありませんでした。
なんとかODBCのテストが通りました。ありがとうございました。
  1. 2014/06/21(土) 22:03:54 |
  2. URL |
  3. ルパン0320 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/07/28(月) 00:18:38 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

SQLSERVER リンクサーバー について

突然失礼致します。
Symfoware データベース に対し、SQL SERVER 2014 Express にてリンクサーバーを作成したいのですが、
どのように設定すれば良いか、もし分かりましたらご教授いただけませんでしょうか?
下記のような設定で接続は成功しているのですがテーブル参照も出来ず、これ以上何をすれば良いか分からない状態です。
DSN=①; UID=②; CLI_DEFAULT_SCHEMA=(③)
①→ODBCの名前
②→ユーザーID
③→スキーマ

以上、宜しくお願い致します。
  1. 2014/08/05(火) 00:29:41 |
  2. URL |
  3. dan #9wNpZy.E
  4. [ 編集 ]

Re: SQLSERVER リンクサーバー について

ごめんなさい。わからないです。
※リンクサーバーという機能自体初めて知りました。

お力にならず、申し訳ありません。
  1. 2014/08/05(火) 19:42:18 |
  2. URL |
  3. symfo #-
  4. [ 編集 ]

完璧にできました。

できました。
ありがとうございます。
私は2005ですが、内容が非常にわかりやすかったです。
今後ともよろしくお願いします。
再度、ありがとうございました。
  1. 2017/05/30(火) 15:34:19 |
  2. URL |
  3. ロチェスター #-
  4. [ 編集 ]

Re: 完璧にできました。

コメント、ありがとうございます。
お役に立ったようで嬉しいです。
  1. 2017/06/04(日) 23:55:05 |
  2. URL |
  3. symfo #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1385-14fa94f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)