Symfoware

Symfowareについての考察blog

Python SQLAlchemyの接続文字列一覧

SQLAlchemyを触ってみようと思います。

マニュアルを見ていると、create_engineでデータベースへの接続定義を
行うようなのですが、接続に使用する文字列がわからなかったのでまとめておきます。


こちらを参考にしました。
http://docs.sqlalchemy.org/en/latest/dialects/index.html


※まとめた後に気が付きましたが、ここに一覧があります。
http://docs.sqlalchemy.org/en/latest/core/engines.html#database-urls




Drizzle



http://docs.sqlalchemy.org/en/latest/dialects/drizzle.html


DrizzleはMySQLをスリムにしたデータベース。
http://www.drizzle.org/


MySQL互換なので、MySQL-Pythonドライバーを使用しての接続になるようです。
接続文字列は以下の通り。


drizzle+mysqldb://<user>:<password>@<host>[:<port>]/<dbname>






Firebird



http://docs.sqlalchemy.org/en/latest/dialects/firebird.html


Firebirdはマルチプラットフォームなデータベース。
http://www.firebirdsql.org/


対応しているドライバーは2つ。

fdb
今はこれがPython + Firebirdの標準。


firebird+fdb://user:password@host:port/path/to/db[?key=value&key=value...]





kinterbasdb
以前の標準ライブラリ。


firebird+kinterbasdb://user:password@host:port/path/to/db[?key=value&key=value...]








Microsoft SQL Server



http://docs.sqlalchemy.org/en/latest/dialects/mssql.html

Microsoft SQL Serverに接続するための5つのドライバーに対応しています。


PyODBC


mssql+pyodbc://<username>:<password>@<dsnname>




mxODBC


mssql+mxodbc://<username>:<password>@<dsnname>





pymssql


mssql+pymssql://<username>:<password>@<freetds_name>?charset=utf8





zxJDBC for Jython


mssql+zxjdbc://user:pass@host:port/dbname[?key=value&key=value...]





adodbapi


mssql+adodbapi://<username>:<password>@<dsnname>








MySQL



http://docs.sqlalchemy.org/en/latest/dialects/mysql.html

MySQLは8つのドライバーに対応しています。

MySQL-Python


mysql+mysqldb://<user>:<password>@<host>[:<port>]/<dbname>





OurSQL


mysql+oursql://<user>:<password>@<host>[:<port>]/<dbname>





PyMySQL


mysql+pymysql://<username>:<password>@<host>/<dbname>[?<options>]





MySQL Connector/Python


mysql+mysqlconnector://<user>:<password>@<host>[:<port>]/<dbname>





CyMySQL


mysql+cymysql://<username>:<password>@<host>/<dbname>[?<options>]





Google Cloud SQL


mysql+gaerdbms:///<dbname>?instance=<instancename>





PyODBC


mysql+pyodbc://<username>:<password>@<dsnname>





zxjdbc for Jython


mysql+zxjdbc://<user>:<password>@<hostname>[:<port>]/<database>







Oracle



http://docs.sqlalchemy.org/en/latest/dialects/oracle.html

Oracleは2つのドライバーに対応しています。


cx-Oracle


oracle+cx_oracle://user:pass@host:port/dbname[?key=value&key=value...]





zxJDBC for Jython


oracle+zxjdbc://user:pass@host/dbname








PostgreSQL



http://docs.sqlalchemy.org/en/latest/dialects/postgresql.html

PostgreSQLは4つのドライバーに対応しています。

psycopg2


postgresql+psycopg2://user:password@host:port/dbname[?key=value&key=value...]





py-postgresql


postgresql+pypostgresql://user:password@host:port/dbname[?key=value&key=value...]





pg8000


postgresql+pg8000://user:password@host:port/dbname[?key=value&key=value...]





zxJDBC for Jython


postgresql+zxjdbc://scott:tiger@localhost/db








SQLite



http://docs.sqlalchemy.org/en/latest/dialects/sqlite.html

pysqlite


sqlite+pysqlite:///file_path







Sybase



http://docs.sqlalchemy.org/en/latest/dialects/sybase.html

Sybaseは3つのドライバーに対応しています。


Python-Sybase


sybase+pysybase://<username>:<password>@<dsn>/[database name]





PyODBC


sybase+pyodbc://<username>:<password>@<dsnname>[/<database>]





mxODBC


sybase+mxodbc://<username>:<password>@<dsnname>








DB2



ibm_db_sa


ibm_db_sa://<instance>:<password>@<host>:<port>/<database>




関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/03/26(水) 22:19:27|
  2. Python
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<SQLAlchemyの使い方1 単一テーブルのマッピングとデータの追加 | ホーム | Python + Mercurialのwikiエンジン「Hatta」をFreeBSDで動かす>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1372-4190c845
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)