Symfoware

Symfowareについての考察blog

DB2 10.5 表データの一括削除(TRUNCATE TABLE)

データを全件削除するとき


DELETE FROM [表名]



みたいなクエリを実行すると、トランザクションログが作られます。

[DB2 LUW] 大量の行を削除する時のログ量を減らす方法
こちらを参考に、


TRUNCATE TABLE 表名 IMMEDIATE



トランザクションログを生成せず削除。
速いです。

特にトランザクションログの容量が少ない場合は歴然の差が出ると思います。
関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/03/16(日) 00:24:00|
  2. DB2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<DB2 10.5のXML列にJavaからデータの検索を行うサンプル | ホーム | DB2 10.5にJavaから一括登録時「SQL Error: SQLCODE=-964, SQLSTATE=57011」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1340-33b03a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)