Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 12.04 LTSにDB2 10.5 Express-Cをインストールする

CentOSにDB2をインストールしてみました。
CentOS 6.5にDB2 10.5 Express-Cをインストールする

Ubuntu 12.04にもインストールしてみます。
今回はGUIを使用してのインストールを試してみました。


Ubuntuのインストール



こちらからDesktop版のインストーラーを取得し、インストールを行いました。
Download Ubuntu Desktop


DB2で使用するライブラリをインストールしておきます。


$ sudo apt-get install libaio1
$ sudo apt-get install libpam0g:i386
$ sudo apt-get install libstdc++6-4.4-dev libstdc++6-4.4-pic
$ sudo apt-get install libnuma1



DB2のインストーラー起動時、

DB2 データベース「Server」 の要件と一致しませんでした。バージョン:「10.5.0.1」。
現行システムで満たされていない前提条件の要約:
DBT3514W db2prereqcheck ユーティリティーは次の
32 ビット・ライブラリー・ファイルの検出に失敗しました: 「/lib/libpam.so*」。


とう警告が表示されます。

無視しても良かったのですが気になるので調べたところ、
Problem installing IBM's DB2 Express-C server.

リンクを貼ることで解決しました。

$ sudo ln -s /lib/i386-linux-gnu/libpam.so.0 /lib/libpam.so.0




CentOS 6.5にDB2 10.5 Express-Cをインストールする
こちらと同様、「v10.5fp1_linuxx64_expc.tar.gz」をダウンロードしておきます。
また言語パック「v10.5fp1_linuxx64_nlpack.tar.gz」も合わせてダウンロードしました。






DB2 10.5 Express-Cのインストール



「v10.5fp1_linuxx64_expc.tar.gz」を解凍したフォルダに移動。


$ sudo ./db2setup


を実行するとインストーラーが起動します。

「製品のインストール」を選択して、「新規インストール」をクリックします。

372_01.png


後はセットアップウィザードに従いインストールを行えばOK。
スクリーンショットを貼っておきます。

372_02.png

372_03.png

372_04.png

372_05.png

372_06.png

372_07.png

372_08.png

372_09.png

372_10.png

372_11.png

372_12.png



途中、インストールイメージを指定しろというダイアログが表示されます。
言語パック「v10.5fp1_linuxx64_nlpack.tar.gz」を解凍したディレクトリを指定します。

372_13.png


小さなエラーが発生しましたと表示されちゃいました。
でも、データベースの作成は行えたので、ほんとに小さな問題なのかも。

372_14.png




【参考URL】


http://db2.jugem.cc/?eid=2492
http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=2144637



関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/03/15(土) 19:18:17|
  2. DB2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<DB2 10.5にJavaからXMLデータを登録・検索する | ホーム | DB2 10.5 Express-CにUbuntu + Pythonから接続する(ibm_db使用)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1337-f5b38356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)