Symfoware

Symfowareについての考察blog

DB2 10.5 JDBCドライバのダウンロードとデータベースへの接続サンプル

DB2 10.5 Express-Cをインストールしてみました。
DB2 10.5 Express-CをWindows Server 2012 R2にインストールして外部接続を許可する

Ubuntu + OpenJDKから接続してみます。



DB2 10.5 JDBCドライバのダウンロード



こちらのページからダウンロードしました。
http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?rs=0&uid=swg21385217&loc=ja

「IBM Data Server Driver for JDBC and SQLJ (JCC Driver)」のリンクをクリック。

367_01.png


「I agree」にチェックをつけて「I confirm」をクリック。

367_02.png


※途中、IBM IDの入力を求められると思います。
登録していない場合は、事前に登録しておきます。


「IBM Data Server Driver for JDBC and SQLJ (JCC Driver)」をダウンロード。

367_03.png


「ibm_data_server_driver_for_jdbc_sqlj_v10.5.zip」がダウンロード出来ました。
解凍したフォルダの中から「db2jcc4.jar」を取り出し、ビルドパスに含めておきます。





サンプルプログラム



簡単な接続や登録のサンプルはこんな感じになりました。


  1. import java.sql.Connection;
  2. import java.sql.DriverManager;
  3. import java.sql.ResultSet;
  4. import java.sql.Statement;
  5. public class Sample {
  6.     
  7.     public static void main(String... args) throws Exception {
  8.         
  9.         String url = "jdbc:db2://192.168.1.104:50000/SAMPLE";
  10.         String user = "Administrator";
  11.         String pass = "P@ssw0rd";
  12.         
  13.         // Java 1.5ぐらいから自動でロードされる
  14.         //Class.forName("com.ibm.db2.jcc.DB2Driver");
  15.         
  16.         try (Connection con = DriverManager.getConnection(url, user, pass);
  17.             Statement stmt = con.createStatement()) {
  18.             
  19.             // テーブル作成
  20.             stmt.execute("CREATE TABLE test(id int, name varchar(100))");
  21.             
  22.             // 登録
  23.             stmt.execute("INSERT INTO test(id, name) VALUES (1, 'Javaからテスト登録')");
  24.             
  25.             // 検索
  26.             ResultSet rs = stmt.executeQuery("SELECT * FROM test");
  27.             
  28.             while(rs.next()) {
  29.                 System.out.println(rs.getInt("id"));
  30.                 System.out.println(rs.getString("name"));
  31.             }
  32.             
  33.             // テーブル削除
  34.             stmt.execute("DROP TABLE test");
  35.             
  36.         }
  37.     }
  38.     
  39. }







プレースフォルダ使用



プレースフォルダを使用した登録、検索はこんな感じです。


  1. import java.sql.Connection;
  2. import java.sql.DriverManager;
  3. import java.sql.PreparedStatement;
  4. import java.sql.ResultSet;
  5. import java.sql.Statement;
  6. public class Sample {
  7.     
  8.     public static void main(String... args) throws Exception {
  9.         
  10.         String url = "jdbc:db2://192.168.1.104:50000/SAMPLE";
  11.         String user = "Administrator";
  12.         String pass = "P@ssw0rd";
  13.         
  14.         try (Connection con = DriverManager.getConnection(url, user, pass);
  15.             Statement stmt = con.createStatement()) {
  16.             
  17.             // テーブル作成
  18.             stmt.execute("CREATE TABLE test(id int, name varchar(100))");
  19.             
  20.             // 登録
  21.             String sql = "INSERT INTO test(id, name) VALUES (?, ?)";
  22.             PreparedStatement pstmt = con.prepareStatement(sql);
  23.             pstmt.setInt(1, 100);
  24.             pstmt.setString(2, "登録テスト");
  25.             pstmt.execute();
  26.             
  27.             // 検索
  28.             sql = "SELECT * FROM test WHERE (id = ?)";
  29.             pstmt = con.prepareStatement(sql);
  30.             pstmt.setInt(1, 100);
  31.             ResultSet rs = pstmt.executeQuery();
  32.             
  33.             while(rs.next()) {
  34.                 System.out.println(rs.getInt("id"));
  35.                 System.out.println(rs.getString("name"));
  36.             }
  37.             
  38.             // テーブル削除
  39.             stmt.execute("DROP TABLE test");
  40.             
  41.         }
  42.     }
  43.     
  44. }

関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/03/11(火) 23:18:32|
  2. DB2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<CentOS 6.5をnetinstall.isoを使用して最小構成でインストールする | ホーム | DB2の管理ツールIBM Data Studio 4.1をUbuntuにインストールする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1331-b156c62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)