Symfoware

Symfowareについての考察blog

DB2の管理ツールIBM Data Studio 4.1をUbuntuにインストールする

DB2 10.5 Express-Cをインストールしてみました。
DB2 10.5 Express-CをWindows Server 2012 R2にインストールして外部接続を許可する

GUIでデータベースを管理できるツール「IBM Data Studio」があるようなので、
Ubuntuにインストールしてみます。




インストーラーのダウンロード



こちらのURLからダウンロードしました。
http://www.ibm.com/developerworks/downloads/im/data/

「Start a trial」をクリック。

366_01.png


対象のプラットフォームを選択してダウンロードします。
今回は「Data Studio client and Product extensions:* Red Hat Linux, SUSE Linux, Windows(Installation Manager)」
を選択しました。

366_02.png


IBM IDの入力を求められるので入力して「Sign in」

366_03.png


「I agree」のチェックをつけて「I confirm」をクリック。

366_04.png



「IBMIM_linux.zip」をダウンロードしました。

366_05.png





インストール



ダウンロードした「IBMIM_linux.zip」を適当な場所に解凍します。
端末で解凍したディレクトリに移動して、コマンドを実行。


$ sudo ./install




こんなインストーラーが起動します。

366_06.png


インストーラーの起動中、IBM IDの入力を求められるので、
ダウンロードに使用したIDを再度入力します。

366_07.png


インストール候補のパッケージが表示されます。
とりあえずデフォルトの全選択の間mつぎへ。

366_08.png


パッケージ情報のダウンロードが始まります。

366_09.png


使用快諾書が表示されます。
「使用条件の条項に同意します」を選択して次へ。

366_10.png


インストール先やインストールする言語の選択画面です。
全てデフォルトのまま進みました。


366_11.png

366_12.png

366_13.png

366_14.png

366_15.png


これで準備完了です。
「インストール」をクリックして、インストールを開始します。

366_16.png


必要なファイル約1GBのダウンロードが始まります。
ネットワークの環境によると思うのですが、私の環境ではダウンロードに約1時間必要でした。

インストールが終了すると完了画面が表示されます
「終了」をクリックして画面を閉じます。

366_17.png





起動とデータベース接続



インストール後はランチャーから起動できます。

366_18.png


Eclipseベースのツールのようで、初回起動時はworkspaceの初期値を尋ねられます。

366_19.png


起動後の画面はこんな感じ。
「管理エクスプローラー」にある「データベースの新規接続」をクリックします。

366_20.png


接続の設定画面が表示されます。
データベース名やホスト、ユーザー名などを入力して「接続のテスト」をクリック。

366_21.png


接続出来ました。

366_22.png


こんな感じで、接続したデータベースの詳細情報が表示されます。

366_23.png





クエリの実行



管理エクスプローラーにある「新規SQLスクリプト」ボタンを押すと、
SQLを入力するタブが追加されます。

適当にSQL文を入力して、実行ボタンを押すと結果が取得出来ました。

366_24.png


関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/03/11(火) 22:38:10|
  2. DB2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<DB2 10.5 JDBCドライバのダウンロードとデータベースへの接続サンプル | ホーム | DB2 10.5にC#から画像データをBLOB列に登録する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1330-993acbd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)