Symfoware

Symfowareについての考察blog

FreeBSD 10.0 + Firebird 2.5.2 データベースファイルを作成する

FreeBSD 10.0にFirebird 2.5.2をインストールしました。
FreeBSD 10.0にFirebird 2.5.2をインストールする(pkg install使用)

データベースを作成してみます。


isql-fb



インストールログの最後に


8) Some firebird tools were renamed for avoid conflicts with some other ports

    /usr/local/bin/isql    ->     /usr/local/bin/isql-fb
    /usr/local/bin/gstat    ->    /usr/local/bin/fbstat
    /usr/local/bin/gsplit    ->    /usr/local/bin/fbsplit



という記載があります。
Firebird接続用のツールは、「isql-fb」となります。


随分前にDebianにFirebirdをインストールした時の内容を参考に
データベースの作成を行なってみます。
DebianにFirebirdをインストールし、データベースを作成する


データベースファイルを保存するパスは、
「/usr/local/firebird」
にすることにしました。

ディレクトリを作成して、firebirdにアクセス権を付与します。


# mkdir -p /usr/local/firebird
# chown -R firebird:firebird /usr/local/firebird




isql-fbコマンドを実行。
対話的にデータベースの作成や、テーブルの作成を行います。


# isql-fb
Use CONNECT or CREATE DATABASE to specify a database
SQL>





データベースファイルを「/usr/local/firebird/post.fdb」
文字コードをUTF8でデータベースを作成しました。

ちなみに、ユーザー名「SYSDBA」、パスワード「masterkey」は
Firebirdにデフォルトで作成されるユーザーです。


SQL> CREATE DATABASE '/usr/local/firebird/post.fdb'
CON> USER 'SYSDBA'
CON> PASSWORD 'masterkey'
CON> DEFAULT CHARACTER SET UTF8;
SQL>




エラーが無いことを確認して、commitを実行します。
これでデータベースが作成されました。


SQL> commit;




このファイルに対して接続を行います。


SQL> CONNECT '/usr/local/firebird/post.fdb'
CON> USER 'SYSDBA'
CON> PASSWORD 'masterkey';
Database: '/usr/local/firebird/post.fdb', User: SYSDBA




テーブルを作成してみます。


SQL> CREATE TABLE test (id int, name char(100));
SQL> commit;




データを登録。


SQL> INSERT INTO test VALUES (1, 'test value');
SQL> commit;




登録したデータを検索してみます。


SQL> select * from test;

         ID NAME                                                                                                
============ ===============================================================================
         1 test value                                                                                        





登録できたようです。
「quit」でisql-fbコンソールを終了します。


SQL> quit;






FlameRobinによる接続確認



FlameRobinから接続してみます。

FlameRobinのインストールはこちら。
Ubuntu 10.10にFirebird管理ツールのFlameRobinをインストールする


接続時のオプションはこんな感じです。

341_01.png


ちゃんと作成した「TEST」テーブルが表示されました。

341_02.png


登録したデータも確認できます。

341_03.png

関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/03/01(土) 22:52:34|
  2. Firebird
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<Firebird 2.5.2 データベースのバックアップとリストア | ホーム | FreeBSD 10.0にFirebird 2.5.2をインストールする(pkg install使用)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1301-cf709ea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)