Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 12.10にpgAdminの最新バージョンをインストールする

Ubuntuに、ここと同じ手順でpgAdmin3をインストールしました。

Ubuntu 11.10にpgAdmin3をインストールする


PostgreSQL 9.3に接続しようとすると警告が表示されます。


警告:

接続したサーバのバージョン pgAdmin III はサポートされません。
pgAdmin III は作用しないかもしれません。
支持されるサーババージョンは、8.2 から 9.1です。



288_01.png



データベースに接続すると、エラーが表示されます。


エラーが起こりました:

ERROR: column "spclocation" does not exist
LINE 1: SELECT ts.oid, spcname, spclocation, spcoptions, pg_get_user...



288_02.png


一応、データベースの内容は確認できていたので放置していたのですが、
ちゃんとpgAdmin3の最新バージョンをインストールすることにしました。





ソースリストの追加



エラーになるpgAdmin3のバージョンを確認したところ、「1.14.2」でした。

288_03.png


http://www.ubuntuupdates.org/ppa/postgresql

こちらにpgAdmin3の最新版がありました。

http://www.ubuntuupdates.org/package/postgresql/precise-pgdg/main/base/pgadmin3


サイトの指示通り、sources.listに追加してインストールします。


$ wget --quiet -O - https://www.postgresql.org/media/keys/ACCC4CF8.asc | sudo apt-key add -
$ sudo sh -c 'echo "deb http://apt.postgresql.org/pub/repos/apt/ precise-pgdg main" >> /etc/apt/sources.list.d/postgresql.list'
$ sudo apt-get install pgadmin3



※既にpgAdmin3をインストールしていても、apt-get installでOKのようです。


インストール後のバージョンは「1.18.1」になりました。

288_04.png


これで警告なしで、PostgreSQL 9.3のサーバーに接続できると思います。
関連記事

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/02/09(日) 20:35:43|
  2. PostgreSQL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<PostgreSQL 9.3.2のストリーミング・レプリケーション環境を構築する | ホーム | Windows Server 2012 R2 + PostgreSQL 9.3.2 外部接続許可>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1233-20572e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)