Symfoware

Symfowareについての考察blog

PC-BSD 10.0をUbuntu + KVMの仮想環境にインストールする

PC-BSD 10.0をUbuntuのKVM上にインストールしてみます。




インストーラーのダウンロード



http://www.pcbsd.org/
こちらの「Download Now」をクリックしてダウンロード。

278_01.png


「PCBSD10.0-RELEASE-x64-DVD-USB-latest.iso」というファイルをダウンロードしました。




仮想環境の設定



こちらと同じ現象が予測されます。
Ubuntu KVM上のFreeBSDのインストールが遅い場合の解決方法

仮想マシンを作成する際、「インストールの前に設定をカスタマイズする」にチェックをつけておきます。

278_02.png


Disk1を選択し、パフォーマンスオプションを選択。
キャッシュモデル:writeback
IOモード:native
を選択しておきます。

選択が終わったら、右下の「適用」をクリック。
右上の「インストールの開始」でインストールを実行します。

278_03.png






インストール



最初の画面はこんな感じ。放置しているとインストールが始まります。

278_04.png


使用する言語の選択です。「日本語」を選択しました。

278_05.png


インストールするタイプの選択画面です。
「デスクとオプ(PC-BSD)」がデフォルトで選択されているのでそのまま次へ。

278_06.png


インストールするディスクの選択です。
今回は1つしかディスクが無いのでそのまま次へ。

278_07.png


これだけで設定完了です。
インストールを開始しますかというメッセージが表示されるので「Yes」を選択。f

278_08.png


インストール中...
私の環境では15分程度で終了しました。

278_09.png


インストール完了です。

278_10.png


自動的に再起動が始まります。






再起動後の初期設定



再起動後、rootのパスワード設定やユーザーの作成を行いました。
以下、ウィザードのスクリーンショットです。

278_11.png

278_12.png

278_13.png

278_14.png

278_15.png

278_16.png



設定が終わると、ログイン画面が表示されます。
ウィザードで設定したユーザーとパスワードを入力します。

278_17.png



ログイン中...

278_18.png


画面はこんな感じです。

278_19.png





アプリケーションの追加



アプリケーションは「AppCafe」を使用して追加するみたいです。
試しにGeanyをインストールしてみました。

278_20.png


インストールはできたのですが、文字化けしてしまいます。うーん。

278_21.png






電源の切り方



右上の「New Activity」をクリックし、「終了」を選択します。

278_22.png


ログイン画面に戻るので、右下のアイコンをクリック。
「シャットダウン」を実行します。

278_23.png

関連記事

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/02/02(日) 18:59:14|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<FreeBSD 10.0 shutdownコマンドで同時に電源も切る | ホーム | FreeBSD 10.0にPostgreSQL 9.3.2をインストール(pkg install使用)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1220-cb4b31da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)