Symfoware

Symfowareについての考察blog

Mantis highlightcodeプラグインのインストールと設定方法

Mantisのhighlightcodeプラグインをインストールする手順のメモです。

highlightcodeプラグインはこちら。
https://github.com/mantisbt-plugins/highlightcode



設置方法



githubからzipファイルを取得。
展開して、mantisのpluginsフォルダにコピーします。

ちなみに、mantisは/var/www/mantisに設置しています。


# cd /tmp
# wget -O Highlight.zip https://github.com/mantisbt-plugins/highlightcode/archive/master.zip
# unzip Highlight.zip
# cp -R highlightcode-master/Highlight /var/www/mantis/plugins/





ブラウザでmantisのURLを表示し、ログイン。
[管理] - [プラグインを管理]を選択します。


プラグインのリストに「MantisBT KK Highlight 0.4.7」が表示されるので、
右側の「追加」をクリックします。

154_01.png


プラグインとして追加されました。
これでhighlightcodeプラグインの設定は完了です。

154_02.png





使い方



コメント等を入力するとき、preとcodeタグでくくってやります。

<pre><code>
ソースコード
</code></pre>




サンプルとして、

<pre><code>
# -*- coding:utf-8 -*-

print(u'サンプルコード')

</code></pre>


と入力して、保存してみます。

154_03.png



こんな感じでハイライト表示されます。

154_04.png





設定変更



[管理] - [プラグインを管理]の画面で、「MantisBT KK Highlight 0.4.7」の
名称がリンクになっているのでクリックします。
ここから管理画面に遷移します。

154_05.png


数種類のハイライト方法から好みのものを選択できます。

154_06.png


「dark」に変更すると、こんな表示になりました。

154_07.png



障害が発生しているソースコードの指摘や、修正方法の提案を行うとき、
ソースコードを貼りつけて説明したいことがよくあるので、
このプラグインは便利かも。




他のMantisプラグインはこちら。

Mantisのプラグイン一覧
http://symfoware.blog68.fc2.com/blog-entry-1050.html
関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/12/19(水) 23:28:13|
  2. mantis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
<<C# バッチファイルでソースをコンパイルする | ホーム | Mantis snippetsプラグインのインストールと設定方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://symfoware.blog68.fc2.com/tb.php/1055-0519e658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)