Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 16.04 に Android Studio をインストール

こちらを参考にしました。

Ubuntu にAndroid Studio をインストールする



javaのインストール



openjdkをインストール


$ sudo apt install openjdk-8-jdk







Android Studioのインストール



https://developer.android.com/studio/index.html

763_01.png

こちらから、android-studio-ide-162.4069837-linux.zipをダウンローしました。

ダウンロード後、インストールの説明ページに繊維します。
https://developer.android.com/studio/install.html


記載されているコメントは以下のとおり。


1.ダウンロードした .zip ファイルを、利用方法に応じて適切な場所に解凍します。
たとえば自身のユーザー プロファイル用であれば /usr/local/、共有ユーザー用であれば /opt/ などに解凍します。


2.Android Studio を起動するため、ターミナルを開いて android-studio/bin/ ディレクトリに移動し、studio.sh を実行します。
ヒント: すべてのディレクトリから Android Studio を起動できるようにするには、環境変数の PATH に android-studio/bin/ を追加します。

3.Android Studio の以前の設定をインポートするか否かを選択して、[OK] をクリックします。

4.Android Studio セットアップ ウィザードに従い、開発に必要な Android SDK コンポーネントのダウンロードなどの
セットアップ処理を進めます。




指示に従い、必要なライブラリを事前にインストールしておきます。


$ sudo apt install lib32z1 lib32ncurses5 lib32stdc++6




ダウンロードしたzipファイルをホームディレクトリの「android-studio」に回答しました。
インストーラーを起動します。


$ ~/android-studio/bin/studio.sh




後はセットアップ手順にしたがって実行していけばOK。

763_02.png

763_03.png

763_04.png

763_05.png

763_06.png

763_07.png

763_08.png

これでセットアップ完了です。



Android Studioとエミュレーターの起動



新しいプロジェクトを作ってみます。

763_09.png


デフォルトのまま進めました。

763_10.png

763_11.png

763_12.png

763_13.png


あっさり雛形のプロジェクトが作成できました。
デバッグボタンを押してみます。

763_14.png


エミュレーターが存在しないので、「Create New Virtual Device」をクリック

763_15.png


Nexus 5Xを選択しました。

763_16.png

まだイメージが存在しないのでダウンロードのリンクをクリック。

763_17.png


「Accept」を選択してダウンロードを実行。
各種設定を行います。

763_18.png

763_19.png

763_20.png

763_21.png


エミュレーターの設定が終わりました。起動してみます。

763_22.png


無事、エミュレーターで実行することができました。

763_23.png

763_24.png
関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/07/31(月) 22:30:01|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
次のページ