Symfoware

Symfowareについての考察blog

UbuntuにインストールしたSQL Serverでデータベース、テーブルを作成(sqlcmd)

Ubuntu Server 16.04にSQL Serverをインストールしました。
Ubuntu Server 16.04 固定IPへの変更とSSH接続の有効化

sqlcmdを使用して、データベースとテーブルの作成を行ってみます。


sqlcmd



そういえば、sqlcmdでデータベースの作成を試したことがありました。
SQL Server 2008 R2 Express コマンドでデータベースとテーブルを作成する(sqlcmd)


sampleデータベース、postalテーブルを作成してみます。


・create.sql


USE master;
GO

CREATE DATABASE sample;
GO

USE sample;
GO

CREATE TABLE postal (
    code char(7) not null,
    address nchar(100) not null
);
GO




create.sqlというファイル名で保存しました。
sqlcmdでファイルに記載している内容を実行。


$ sqlcmd -U sa -P P@ssw0rd -i create.sql
Changed database context to 'master'.
Changed database context to 'sample'.




実行できたようです。


データの登録や検索を試してみます。
sqlcmdでデータベースに接続


$ sqlcmd -U sa -P P@ssw0rd




sampleデータベースに切り替え。


1> use sample;
2> go
Changed database context to 'sample'.




データ登録。


1> insert into postal (code,address) values ('1234567', 'テスト住所');
2> go

(1 rows affected)




登録したデータを検索。


1> select * from postal;
2> go
code    address                                                                                            
------- ----------------------------------------------------------------------------------------------------
1234567 テスト住所                                                                                            

(1 rows affected)




ちゃんと動いてくれています。
exitでsqlcmdを終了します。


1> exit
$




Management Studio上からも確認できました。

749_01.png


関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/04/26(水) 00:21:43|
  2. SQL Server
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
次のページ