Symfoware

Symfowareについての考察blog

SQL Server 2016 ExpressにMicrosoft JDBC Driver 6.0でJavaから接続

Windows Server 2016のポートを開放する(SQL Server 2016 外部接続許可)
ここで外部からのアクセスを許可したSQL Server 2016 Expressに
Javaで接続してみます。


Microsoft JDBC Driver 6.0



こちらのサイトからJDBCドライバを入手しました。
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=11774

712_01.png


今回、Ubuntu 16.04 + OpenJDK 1.8で接続してみますので、
sqljdbc_6.0.7507.100_jpn.tar.gzをダウンロードしました。

712_02.png


「sqljdbc42.jar」を取り出し、ビルドパスに含めておきました。

712_03.png




データベース、テーブルの準備



「sample」というデータベースを作成し、「t1」というテーブルを用意しておきました。

712_04.png


ここにデータを登録、検索してみます。



Javaのサンプル



サンプルプログラムは以下の通り。


  1. import java.sql.Connection;
  2. import java.sql.DriverManager;
  3. import java.sql.ResultSet;
  4. import java.sql.Statement;
  5. public class Sample {
  6.     public static void main(String... args) {
  7.         String jdbc_url = "jdbc:sqlserver://192.168.1.104;databaseName=sample";
  8.         String user = "sa";
  9.         String password = "P@ssw0rd";
  10.         try (Connection con = DriverManager.getConnection(jdbc_url, user, password);
  11.             Statement stmt = con.createStatement()) {
  12.             
  13.             // データの登録
  14.             stmt.execute("INSERT INTO t1 (id, value) VALUES (1, 'Javaからテスト登録')");
  15.             
  16.             // 登録したデータの検索
  17.             ResultSet rs = stmt.executeQuery("SELECT * FROM t1");
  18.             while(rs.next()) {
  19.                 System.out.println(rs.getInt("id"));
  20.                 System.out.println(rs.getString("value"));
  21.             }
  22.         } catch (Exception e) {
  23.             e.printStackTrace();
  24.         }
  25.     }
  26. }





実行すると、ちゃんと登録したデータが検索できました。


1
Javaからテスト登録





ツールからも確認できます。

712_05.png


関連記事

テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2016/09/29(木) 23:19:58|
  2. SQL Server
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
次のページ