Symfoware

Symfowareについての考察blog

Ubuntu 12.04 + Chrome 21で日本語の文字化け


※2012年09月16日追記

Droidフォント削除を試してみました。
おそらく、フォント削除だけで問題解決できます。

続・Ubuntu 12.04 + Chrome 21で日本語の文字化け(Droidフォント削除)




どのタイミングかは定かでないのですが、Ubuntu 12.04の
Chrome 21.0.1180.81で日本語が文字化けするようになりました。

110_01.png


これを何とかした時のメモです。



Chromeのフォント設定



まず、Chromeのフォント設定を変更してみます。

スパナをクリックして、設定を選択。
110_02.png


全部文字化けしているので手探りです。
一番下までスクロールして表示されるリンクをクリック。
110_03.png



100%と表示されているコンボボックスが目印です。
その右上のフォントボタンをクリックします。
110_04.png


こんな画面が表示されたら当たりです。
全てのコンボボックスが「Andale Mono」になっています。
110_05.png


これを「IPA P□□□□」とか表示されている、とにかく日本語フォントに変更します。
110_06.png


今回はとりあえず、IPA Pゴシックに変更しました。
設定画面の文字化けはなんとかなりました。
110_07.png


でも、symfoware blogの文字化けは改善されていません・・・






Chrome フォントの強制



Google Chromeのフォントを強制的に指定する
http://www.igune.com/20101217/1106-48/

こちらを参考に設定しました。

/home/[ユーザー名]/.config/google-chrome/Default/User\ StyleSheets/Custom.css
にあるファイルを開きます。
コマンドはこんな感じ。


$ gedit /home/[ユーザー名]/.config/google-chrome/Default/User\ StyleSheets/Custom.css




ファイルに

*{
font-family:”IPA Pゴシック” !important;
}


と書き込みます。

110_08.png


これでなんとか文字化けせずに表示されるようになりました。

110_09.png

関連記事

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/08/26(日) 21:41:11|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. | 編集
次のページ