Symfoware

Symfowareについての考察blog

Jettyのインストールと、Eclipseプラグインの設定(run-jetty-run) その2

以前、JettyのEclipse Pluginのrun-jetty-runをインストールしました。

Jettyのインストールと、Eclipseプラグインの設定(run-jetty-run)


インストールする際、

作業対象に「http://run-jetty-run.googlecode.com/svn/trunk/updatesite」を
選択していましたが・・・

GoogleCodeのプロジェクト
http://code.google.com/p/run-jetty-run/

ここから、githubのプロジェクトへ移行したようです。
http://github.com/alexwinston/RunJettyRun


GoogleCodeで公開されているバージョンでは、Jetty6対応でしたが、
githubで公開されているバージョンは、6,7,8に対応している模様。

githubのプラグインを使用したほうがよさそうです。




旧バージョンのアンインストール





※2010年11月4日追記
プラグインの削除方法がわかりました!
Eclipse プラグインの削除方法





なにも考えずに上書きでインストールしたのですが、うまく動作せず。
手動でプラグインを削除しようとしたのですが、どこかに情報が
残っているようで「既に最新バージョンが導入されている」と
判定されてしまいました。

それなので、Eclipseを丸ごと再インストールした後、プラグインの
インストールを行っています。

ちゃんと旧バージョンのアンインストールを行ってから、
最新版のインストールを行ったほうがよさそうです。

※プラグインのアンインストール方法がわからないので、具体的な手順は不明です。





run-jetty-runのインストール



Jettyのインストールと、Eclipseプラグインの設定(run-jetty-run)
この手順と同一です。

ただ、プラグインを検索する作業対象に

「http://run-jetty-run.googlecode.com/svn/trunk/updatesite」

ではなく、

「http://alexwinston.github.com/RunJettyRun/site/update」

を設定します。





インストール後の設定



設定画面が大きく変更されていました。
実行の構成画面はこんな感じです。

02_001_20101031210034.png

使用するJettyのバージョンとjetty.xmlのパスを指定します。

今回は、Jettyのバージョンを「7」、jetty.xmlをEclipseで作成した
プロジェクトの直下に配置しています。





jetty.xmlの内容



ほぼ、サイトに公開されているサンプルのままです。

※ここの「Example Jetty 7 and 8 jetty.xml」
http://github.com/alexwinston/RunJettyRun



<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE Configure PUBLIC "-//Mort Bay Consulting//DTD Configure//EN" "http://jetty.mortbay.org/configure.dtd">
<Configure id="Server" class="org.eclipse.jetty.server.Server">

    <!-- =========================================================== -->
    <!-- Server Thread Pool -->
    <!-- =========================================================== -->
    <Set name="ThreadPool">
        <New class="org.eclipse.jetty.util.thread.QueuedThreadPool">
            <Set name="minThreads">10</Set>
            <Set name="maxThreads">100</Set>
        </New>
    </Set>

    <!-- =========================================================== -->
    <!-- Set connectors -->
    <!-- =========================================================== -->
    <Set name="connectors">
        <Array type="org.eclipse.jetty.server.Connector">
            <Item>
                <New class="org.eclipse.jetty.server.nio.SelectChannelConnector">
                    <Set name="host">localhost</Set>
                    <Set name="port">8080</Set>
                    <Set name="maxIdleTime">30000</Set>
                    <Set name="Acceptors">10</Set>
                </New>
            </Item>
        </Array>
    </Set>
    
    <!-- =========================================================== -->
    <!-- Set handlers -->
    <!-- =========================================================== -->
    <Set name="handler">
        <New id="Handlers" class="org.eclipse.jetty.server.handler.HandlerCollection">
            <Set name="handlers">
                <Array type="org.eclipse.jetty.server.Handler">

                    <!-- ======================================================= -->
                    <!-- Configure a web application with web.xml -->
                    <!-- ======================================================= -->
                    <Item>
                        <New class="org.eclipse.jetty.webapp.WebAppContext">
                            <Set name="contextPath">/</Set>
                            <Set name="war">D:\workspace\jetty\webapps</Set>
                        </New>
                    </Item>
                </Array>
            </Set>
        </New>
    </Set>
    
    <!-- =========================================================== -->
    <!-- extra options -->
    <!-- =========================================================== -->
    <Set name="stopAtShutdown">true</Set>
</Configure>





変更した箇所は、

「Configure a web application with web.xml」とコメントのある箇所付近の


<Set name="war">D:\workspace\jetty\webapps</Set>



ここをWEB-INFフォルダや、web.xmlファイルを作成したパスに変更してやります。


ちなみに、web.xmlファイルは前回と同様です。


<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<web-app
  xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/javaee"
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/javaee http://java.sun.com/xml/ns/javaee/web-app_2_5.xsd"
  version="2.5">

  <display-name>Test WebApp</display-name>
  <servlet>
    <servlet-name>sample</servlet-name>
    <servlet-class>sample.SampleServlet</servlet-class>
    <load-on-startup>1</load-on-startup>
  </servlet>

  <servlet-mapping>
    <servlet-name>sample</servlet-name>
    <url-pattern>/*</url-pattern>
  </servlet-mapping>

</web-app>








Eclipseプロジェクトの内容とサンプルソース



ほぼ前回と同様です。
変更箇所は、jetty.xmlが追加されたことでしょうか。

Eclipse上のパッケージ・エクスプローラーでは、このように表示されているはずです。


02_002_20101031210032.png



動作確認に使用したソースも前回と同様。



package sample;

import java.io.*;
import javax.servlet.*;
import javax.servlet.http.*;

public class SampleServlet extends HttpServlet {

    private static final long serialVersionUID = 1L;

    public void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
            throws IOException, ServletException {

        response.setContentType("text/html; charset=utf8");
        PrintWriter out = response.getWriter();

        out.println("SampleServlet");

        out.close();
    }
}






これで、EclipseのプラグインからJetty 7を起動することができました。







関連記事

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/10/31(日) 21:01:34|
  2. ツール開発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
次のページ