Symfoware

Symfowareについての考察blog

Shunsaku に登録されているデータで条件に一致する件数を取得する

Shunsakuにデータを登録することができました。

ShunsakuにJavaで接続し、ドキュメントを登録する


登録したデータを検索し、ヒットしたドキュメントの件数を
表示するプログラムのサンプルです。



import com.fujitsu.shun.ShunConnection;
import com.fujitsu.shun.ShunPreparedStatement;
import com.fujitsu.shun.ShunResultSet;

//件数のみ取得するサンプル
public class Search {
    public static void main(String[] args) {
        ShunConnection con = null;
        ShunPreparedStatement pstmt = null;
        ShunResultSet rs = null;

        try {
            // 検索条件式
            String sQuery = "/doc/title == 'みんなのPython' AND /doc/size == 'A5'";
            // リターン式
            String sReturn = "/";
            // ヒット件数
            int iHitNum = 0;

            // ShunConnectionオブジェクトを作成
            con = new ShunConnection("192.168.1.250", 33101);

            // 検索式を指定し、ShunPreparedStatementオブジェクトを作成
            pstmt = con.prepareSearch(sQuery, sReturn);

            // 返信要求件数を設定
            //第一引数:何件目からのデータを取得するか
            //第二引数:取得するデータ件数の上限(0:無制限)
            pstmt.setRequest(1, 0);

            // 検索を実行し、ShunResultSetオブジェクトを作成
            rs = pstmt.executeSearch();

            // ヒット件数取得
            iHitNum = rs.getHitCount();
            System.out.println("ヒット件数 = " + iHitNum);

        } catch (Exception e) {
            e.printStackTrace();

        } finally {
            if (rs != null) {
                try {
                    rs.close();
                } catch(Exception e){}
            }
            if (pstmt != null) {
                try {
                    pstmt.close();
                } catch (Exception e){}
            }
            if (con != null) {
                try {
                    con.close();
                } catch (Exception e){}
            }
        }
    }
}




実行すると


ヒット件数 = 1



と表示されます。




関連記事
  1. 2009/09/30(水) 12:10:27|
  2. Shunsaku
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
次のページ