Symfoware

Symfowareについての考察blog

jumanをサーバーモードで起動し、PHPから接続する

日本語形態素解析システム JUMANをDebianにインストール。
サーバーモードで起動し、Pythonから接続してみました。
jumanをサーバーモードで起動し、Pythonから接続する

同様の手法で、PHPから接続し形態素解析してみます。


サンプル



Pythonで書いたサンプルを参考に、PHPで実装してみます。


  1. <?php // juman serverへの接続サンプル
  2. $address = '192.168.1.102';
  3. $port = 32000;
  4. $fp = fsockopen($address, $port, $errno, $errstr, 30);
  5. if (!$fp) {
  6.     exit(1);
  7. }
  8. // タイトル取得(200 Running JUMAN version: 7.0)
  9. fgets($fp);
  10. // サーバーモード設定
  11. fwrite($fp, "RUN\n");
  12. // 200 OK
  13. fgets($fp);
  14. // 解析したい文字を設定
  15. $analyze = '形態解析テスト';
  16. fwrite($fp, $analyze."\n");
  17. while (true) {
  18.     $line = trim(fgets($fp));
  19.     if ($line == 'EOS') {
  20.         break;
  21.     }
  22.     
  23.     echo $line . PHP_EOL;
  24. }
  25. fclose($fp);




実行結果


# php sample.php
形態 けいたい 形態 名詞 6 普通名詞 1 * 0 * 0 "代表表記:形態/けいたい カテゴリ:形・模様"
解析 かいせき 解析 名詞 6 サ変名詞 2 * 0 * 0 "代表表記:解析/かいせき カテゴリ:抽象物 ドメイン:教育・学習;科学・技術"
テスト てすと テスト 名詞 6 サ変名詞 2 * 0 * 0 "代表表記:テスト/てすと カテゴリ:抽象物 ドメイン:教育・学習"




思いの外、あっさり実行できました。


juman、サーバーモードを利用すればバインディングが用意されていない言語からも、
簡単に利用できて便利です。

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/06/13(火) 23:11:26|
  2. PHP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集

PHP ftp接続でディレクトリの存在チェック

phpでftp接続。
http://php.net/manual/ja/ref.ftp.php


接続後にsampleディレクトリを作成。
そこにindex.htmlをアップロードする処理を実装したいとします。


  1. <?php
  2. // ※エラー処理は行っていません
  3. // 接続と認証
  4. $ftp = ftp_connect('192.168.1.104', 21);
  5. ftp_login($ftp, 'testuser', 'password');
  6. // sampleディレクトリを作成
  7. ftp_mkdir($ftp, 'sample');
  8. // 作成したsampleディレクトリに移動
  9. ftp_chdir($ftp, 'sample');
  10. // ファイルをアップロード
  11. ftp_put($ftp, 'index.html', 'index.html', FTP_BINARY);
  12. // 接続を閉じる
  13. ftp_close($ftp);




これ、sampleディレクトリが存在しない場合は警告無しで終了するのですが、
sampleディレクトリを作った後実行すると警告が発生します。


# php sample.php
PHP Warning: ftp_mkdir(): Can't create directory: File exists in /var/dev/php/sample.php on line 8




ftp_mkdirの先頭に「@」をつけてエラー抑止でも良いのですが、
なんとか警告無しで処理を進められないものか。

ドキュメントを見てみると、「ftp_raw」という関数があります。
http://php.net/manual/ja/function.ftp-raw.php


これを使用して、FTPコマンドを直接実行してみたら警告は発生しないのでは。
FTPのコマンド一覧

ftp_rawを実行すると、ftpコマンドの実行結果の文字列が配列で帰ってきます。


  1. array (
  2. 0 => '250 OK. Current directory is /sample',
  3. )




「CWD sample」を実行して、sampleディレクトリへの移動を試してみる。
実行結果の1行めに「250 OK」が見つかれば、sampleディレクトリは存在し、移動まで完了。

「250 OK」がなければ、まだディレクトリは存在しないので、
sampleディレクトリを作成し移動。


  1. <?php
  2. // ※エラー処理は行っていません
  3. // 接続と認証
  4. $ftp = ftp_connect('192.168.1.104', 21);
  5. ftp_login($ftp, 'testuser', 'password');
  6. // rawコマンドで移動を試す
  7. $raw_result = ftp_raw($ftp, 'CWD sample');
  8. // 移動できなかったら
  9. if (strpos($raw_result[0], '250 OK') === false) {
  10.     // sampleディレクトリを作成
  11.     ftp_mkdir($ftp, 'sample');
  12.     // 作成したsampleディレクトリに移動
  13.     ftp_chdir($ftp, 'sample');
  14. }
  15. // ファイルをアップロード
  16. ftp_put($ftp, 'index.html', 'index.html', FTP_BINARY);
  17. // 接続を閉じる
  18. ftp_close($ftp);




100点の回答ではない気がしますが、これで警告なしに処理を続行することができました。


テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/04/17(月) 22:23:34|
  2. PHP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集

FreeBSD 11.0 + CodeIgniter 3でMariaDBに接続

FreeBSD 11.0にPHP7とMariaDB 10.1をインストールしました。

FreeBSD 11 nginx + php7-fpmの動作環境構築(pkg使用)
FreeBSD 11.0にMariaDB 10.1をインストールし外部接続を許可する(pkg使用)


php7からMariaDBへの接続を試してみます。
フレームワークとして、CodeIgniterを使用しました。



ライブラリのインストール



phpからはmysqliを使用して接続しようと思います。
pkgコマンドで、php70-mysqliをインストール。


# pkg install php70-mysqli




これだけで大丈夫だろうと思っていたら、接続時にこんなエラーが発生しました。


An uncaught Exception was encountered

Type:        Error
Message:     Call to undefined function ctype_digit()
Filename:    /var/dev/php/ci3/system/database/DB_driver.php
Line Number: 1404




http://php.net/manual/ja/function.ctype-digit.php

ctypeライブラリが追加で必要な模様。


# pkg install php70-ctype




これでエラーはなくなります。




CodeIgniter



登録、検索のテスト用に「test」データベースを作成。
sampleテーブルを作成しておきます。


  1. create table sample(
  2. id int,
  3. val varchar(100)
  4. );




ローカルのtestデータベースに
id:admin
pass:P@ssw0rd
で接続します。

データベース接続の設定ファイル
application/config/database.php
はこうなりました。


  1. <?php
  2. defined('BASEPATH') OR exit('No direct script access allowed');
  3. $active_group = 'default';
  4. $query_builder = TRUE;
  5. $db['default'] = array(
  6.     'dsn'    => '',
  7.     'hostname' => 'localhost',
  8.     'username' => 'admin',
  9.     'password' => 'P@ssw0rd',
  10.     'database' => 'test',
  11.     'dbdriver' => 'mysqli',
  12.     'dbprefix' => '',
  13.     'pconnect' => FALSE,
  14.     'db_debug' => (ENVIRONMENT !== 'production'),
  15.     'cache_on' => FALSE,
  16.     'cachedir' => '',
  17.     'char_set' => 'utf8',
  18.     'dbcollat' => 'utf8_general_ci',
  19.     'swap_pre' => '',
  20.     'encrypt' => FALSE,
  21.     'compress' => FALSE,
  22.     'stricton' => FALSE,
  23.     'failover' => array(),
  24.     'save_queries' => TRUE
  25. );





サンプルのコントローラー。


  1. <?php
  2. class Sample extends CI_Controller {
  3.     public function index() {
  4.         $this->load->database();
  5.         
  6.         $this->db->empty_table('sample');
  7.         
  8.         $this->db->insert('sample', ['id' => 1, 'val' => 'テスト1']);
  9.         $this->db->insert('sample', ['id' => 2, 'val' => 'テスト2']);
  10.         
  11.         $rows = $this->db->get('sample')->result_array();
  12.         foreach($rows as $row) {
  13.             echo 'id:' . $row['id'] . ',val:' . $row['val'] . PHP_EOL;
  14.         }
  15.         
  16.     }
  17. }




実行してみると...


# php index.php sample
id:1,val:テスト1
id:2,val:テスト2




ちゃんとデータの登録・取得が行えているようです。

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/03/20(月) 19:03:00|
  2. PHP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集

FreeBSD 11 nginx + php7-fpmの動作環境構築(pkg使用)

FreeBSD 11を仮想環境にインストールしました。
FreeBSD 11.0-RELEASEを仮想環境(UbuntuのKVM)にインストール


pkgコマンドでnginxとphp7をインストールしてみます。


nginx



pkg searchしてみると、nginx,nginx-full,nginx-liteというバージョンがありました。


# pkg update
# pkg search nginx
nginx-1.10.2_3,2             Robust and small WWW server
nginx-devel-1.11.7             Robust and small WWW server
nginx-full-1.10.2_3,2         Robust and small WWW server (full package)
nginx-lite-1.10.2_3,2         Robust and small WWW server (lite package)
nginx-naxsi-1.10.2_3,2         Robust and small WWW server (plus NAXSI)
p5-Nginx-ReadBody-0.07_1     Nginx embeded perl module to read and evaluate a request body
p5-Nginx-Simple-0.07_1         Perl 5 module for easy to use interface for Nginx Perl Module
p5-Test-Nginx-0.25             Testing modules for Nginx C module development




今回はベーシックなnginx(無印)をインストールしました。


# pkg install nginx





rc.confを編集。


# vi /etc/rc.conf




nginx_enable="YES"を追加して起動許可を与えます。


hostname="freebsd11"
keymap="jp.106.kbd"
ifconfig_re0="inet 192.168.1.101 netmask 255.255.255.0"
defaultrouter="192.168.1.1"
sshd_enable="YES"
nginx_enable="YES"





nginxを起動。


# service nginx start




http://[サーバーIP]をブラウザで表示して、以下の内容が表示されればインストール成功です。

734_01.png





php7のインストール



php7.0をインストールします。
※このパッケージにphp-fpmも同梱されています。


# pkg install php70




PHP 7.0.17がインストールできました。


# php -v
PHP 7.0.17 (cli) (built: Mar 18 2017 01:18:20) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies




rc.confを編集。


# vi /etc/rc.conf




php_fpm_enable="YES"を追加してphp-fpmに起動許可を与えます。


hostname="freebsd11"
keymap="jp.106.kbd"
ifconfig_re0="inet 192.168.1.101 netmask 255.255.255.0"
defaultrouter="192.168.1.1"
sshd_enable="YES"
nginx_enable="YES"
php_fpm_enable="YES"





php-fpmを起動します。


# service php-fpm start








nginx.confの編集



php-fpmはデフォルトで127.0.0.1:9000で待ち受けるように構成されています。


# vi /usr/local/etc/php-fpm.d/www.conf

; The address on which to accept FastCGI requests.
; Valid syntaxes are:
; 'ip.add.re.ss:port'    - to listen on a TCP socket to a specific IPv4 address on
;                            a specific port;
; '[ip:6:addr:ess]:port' - to listen on a TCP socket to a specific IPv6 address on
;                            a specific port;
; 'port'                 - to listen on a TCP socket to all addresses
;                            (IPv6 and IPv4-mapped) on a specific port;
; '/path/to/unix/socket' - to listen on a unix socket.
; Note: This value is mandatory.
listen = 127.0.0.1:9000





nginx.confを編集。
拡張子phpのアクセスは、127.0.0.1:9000(php-fpm)へ転送するよう構成します。


# vi /usr/local/etc/nginx/nginx.conf




編集内容の抜粋です。


http {

(略)

    server {

(略)

        # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
        # コメントを外して有効化。一部パラメーターを微調整
        location ~ \.php$ {
            root         /usr/local/www/html;
            fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
            fastcgi_index index.php;
            fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
            include        fastcgi_params;
        }

    }

}




設定を変更したら、nginxをリスタート。


# service nginx restart




テスト用のphpプログラムを作成します。


# mkdir -p /usr/local/www/html
# vi /usr/local/www/html/info.php




info.phpの内容は以下のとおり。


  1. <?php phpinfo();




ブラウザで、http://[サーバーIP]/info.phpを表示してみます。

734_02.png


うまく動いてくれたようです。




php-fpmのlistenをソケットに変更



php-fpm、デフォルトでは127.0.0.1:9000をリッスンしていますが、
UNIXソケットでの待受に変更してみます。

php-fpmの設定ファイルを編集。


# vi /usr/local/etc/php-fpm.d/www.conf




ソケットを/var/run/phph-fpm.socketに作成。
listenするowner,groupをwwwに変更します。


;listen = 127.0.0.1:9000
listen = /var/run/php-fpm.socket


; Set listen(2) backlog.
; Default Value: 511 (-1 on FreeBSD and OpenBSD)
;listen.backlog = 511

; Set permissions for unix socket, if one is used. In Linux, read/write
; permissions must be set in order to allow connections from a web server. Many
; BSD-derived systems allow connections regardless of permissions.
; Default Values: user and group are set as the running user
;                 mode is set to 0660
listen.owner = www
listen.group = www
listen.mode = 0660





続いて、nginx.confを編集。


# vi /usr/local/etc/nginx/nginx.conf




編集内容の抜粋です。


http {

(略)

    server {

(略)

        # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
        # コメントを外して有効化。一部パラメーターを微調整
        location ~ \.php$ {
            root         /usr/local/www/html;
            #fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
            fastcgi_pass unix:/var/run/php-fpm.socket;
            fastcgi_index index.php;
            fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
            include        fastcgi_params;
        }

    }

}




php-fpm,nginxのサービスを再起動。


# service php-fpm restart
# service nginx restart




これでソケットでの待受に変更できました。




テーマ:サーバ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/03/20(月) 18:01:38|
  2. PHP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集

CodeIgniter 3 メンテナンスや移転ページの簡単な設置方法

CodeIgniter 3を使用しているwebサイトで、メンテナンス中の表示や、
サイトの移転ページの表示に簡単に切り替えられないか調べてみます。


Hook



CodeIgniterで簡単メンテナンスモード

こちらのページを参考にさせていただきました。
Hookを使用して、別のページを表示させます。


Hookについては以前調べたことがあります。
CodeIgniter 3 処理のフック(General Topics - Hooks - Extending the Framework Core)



まず、設定ファイルを変更しHookを有効にします。

・application/config/config.php

enable_hooksをtrueに変更。


  1. /*
  2. |--------------------------------------------------------------------------
  3. | Enable/Disable System Hooks
  4. |--------------------------------------------------------------------------
  5. |
  6. | If you would like to use the 'hooks' feature you must enable it by
  7. | setting this variable to TRUE (boolean). See the user guide for details.
  8. |
  9. */
  10. $config['enable_hooks'] = TRUE;






最初に処理されるpre_systemに、呼び出す関数の指定を追加。

・application/config/hook.php


  1. <?php
  2. defined('BASEPATH') OR exit('No direct script access allowed');
  3. /*
  4. | -------------------------------------------------------------------------
  5. | Hooks
  6. | -------------------------------------------------------------------------
  7. | This file lets you define "hooks" to extend CI without hacking the core
  8. | files. Please see the user guide for info:
  9. |
  10. |    https://codeigniter.com/user_guide/general/hooks.html
  11. |
  12. */
  13. $hook['pre_system'][] = array(
  14.     'class' => '',
  15.     'function' => 'dummy',
  16.     'filename' => 'move.php',
  17.     'filepath' => 'hooks'
  18. );





呼び出すmove.phpでhtmlの表示まで行ってしまう作戦です。
呼び出すfunctionは存在しない名前でOKでした。



メンテナンス、移転ページを表示するファイルを配置します。


・application/hooks/move.php


  1. <!DOCTYPE html>
  2. <html lang="ja">
  3. <head>
  4. <meta charset="UTF-8" />
  5. <meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"/>
  6. <title>URL変更</title>
  7. </head>
  8. <body>
  9. 移転しました。<br>
  10. (move.phpで表示)
  11. </body>
  12. </html>
  13. <?php
  14. // exitで処理を終了させないと、コントローラーの呼び出しが実行されてしまう
  15. exit();






表示



こんな感じで、どのURLでもmove.phpの内容が表示されるようになりました。

732_01.png



テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2017/03/16(木) 22:41:02|
  2. PHP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | 編集
次のページ